お問い合わせ

インプラントについて

b919b4ba3c7817c7a5d46f960b4d4308_s

インプラントの手術後、どれくらいで食べれるようになる?

インプラントは顎の骨にチタン製の歯の根っこを植え込む治療なため、骨と結合するためには多少の時間が掛かります。治療を受けた後は顎の骨に定着するまで2ヵ月から4ヶ月ぐらいの期間が必要で、上顎や下顎によっても多少の期間に違いがあります。

顎の骨に結合するまでは固い食べ物を噛んでしまうと抜けてしまう場合があるので、手術が終わって歯の様子を伺いながら、少しずつ歯に影響を与えないような食べ物を選んで食べることが大切です。

手術直後の食事は注意が必要

治療を受けた当日はお粥やプリン、ポタージュスープといったほとんど噛まなくても食べられる物を選びましょう。普段はあまり硬いと感じない食べ物でも、手術後は歯が敏感になっているため痛みが生じたり歯に影響を与えてしまう事があるため注意が必要です。

手術後1週間経過すると麺類などから食べてOK

手術後一週間ぐらい経過すると、バナナやいちごなどのあまり噛まなくても良い食品は食べられるので、ゆっくりと時間を掛けて食べましょう。インプラント手術を受けてから1ヶ月以上経過するとおにぎりや、ラーメン、そば、うどんなども食べられるようになります。インプラントの歯根を植え込んだ部分になるべく負担を掛けないようにすると、少しずつ食べられる食品が増えてきますので無理せずに食べられるものを増やしていきましょう。

インプラントが歯茎や顎の骨に定着をすると通常の食事ができるようになり、半年ほど経過するとおせんべいやするめなどの固い食べ物も食べられるようになり、歯について意識しなくても自然と食事を楽しめるようになります。

...
2017 07 02

街の歯医者 本町通りデンタルクリニック

インプラントや歯科矯正なら、大阪の本町駅すぐにある、本町通りデンタルクリニックへ。平日は21時、土曜は19時までとお仕事帰りにも通いやすい立地です。一般歯科はもちろんインプラントや矯正・審美歯科など診療します。